介護施設では医療資格者も求められている

介護施設で最も求められているのは介護サービスの担い手である介護資格を有している人です。

ただし介護サービスの提供に関しては、特別に認められている医療的ケアを除いては、資格を持っていない人でも行うことができます。対して医療ケアやリハビリの多くは、医療の資格を有している人でなければ行うことはできません。そして介護施設によっては、そのようなケアの提供を行っているところもあります。ですから医療資格者も、介護施設からのニーズが高いと言うことができすます。

たとえば医師や看護師です。健康状態の診察や治療、その補助などはこの資格を有している人でなければ行うことはできません。そして介護施設では、入居者の健康管理においてこのようなことを必要とすることも多いので、医師や看護師の資格を持っている人と言うのは必要不可欠だと言えます。

それから歯科医師、歯科衛生士です。歯や口腔内の健康と言うのは、最近では全身の健康にも大きな影響をもたらすものであると言うことが明らかになっています。そのため、歯の健康から全身の健康を守る、様々なリスクが高くなる可能性を軽減させるためには、歯の健康のスペシャリストであるこうした資格を持っている人が求められていると言うことです。それから作業療法士や理学療法士、言語聴覚士などのリハビリ職も、介護施設には欠かすことができない資格です。

介護資格者でもある程度までのリハビリを行うことは可能ですが、より専門的な、効果の高いリハビリを行うためには、このような資格を持っている人の知識や技術が必要です。特にリハビリを主とする介護老人保健施設は、このようなリハビリ職を配置することが法律によって定められています。ですからこの施設からのニーズはとても高いと言うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *