介護施設の今後はどうなることが予想されるのか

介護施設の今後を予想するためには、まずは現状を踏まえておく必要があります。

介護施設を取り巻いている現状としては、まずはその数が、特に比較的、料金が低めに設定されている特別養護老人ホームの数が不足していると言う点が挙げられます。一方で利用料金が高額である高級老人ホームなどは増加傾向にあり、資産が裕福な人はそちらに入居すると言うことも多い傾向にあります。それからそこで働く人の不足です。これは慢性的に続いており、介護業界を脅かしかねない深刻な問題とも言えます。

また介護施設の運営資金にもなっている介護保険に関しても、破綻寸前であると言われており、そのため介護保険適用の介護サービスの範囲が縮小されることが決定しています。こうしたことを踏まえた上で今後の予想を挙げていくと、まずは介護業界そのものはますます活性化していくことが予想されます。ただその中で介護施設を建て、運営することに対しては、多くの業者が消極的なのではないかと言われています。

これは介護保険の財政が破綻寸前である中で、高額な費用をあてて施設を建てたとしても、それを回収することすら難しいのではないかと言うことが想像されるためです。また充実したサービスを提供するためには人手が必要で、しかし現状、そのことも期待できない中では、施設を建てるよりは他のことで利益を求めた方がリスクが少ないと判断できます。

よって今後も、施設の不足は継続されることが予想されます。ただ一方で、少しずつでも介護業界の人手に対しての処遇改善は進んでいくとされています。ただそれが人手不足の解消につながるのかどうかについては、不透明なところも多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *