介護施設への入所条件と手続きについて

「介護施設」は、さまざまな形態のものができています。

介護保険施設である特別養護老人ホームや介護老人保健施設、介護療養型医療施設に加え、有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームなど、宿泊できる施設があります。また、在宅介護を中心とするデイサービスセンターや通所リハビリ、ホームヘルパー事業所なども介護施設と言えます。ここでは、介護保険施設に入所するための条件や入所申し込みについてご紹介したいと思います。

まず、特別養護老人ホームは、在宅生活が困難な要介護3以上の認定を受けている方が、入所条件になります。しかし、独居高齢者や老々世帯の方に限っては、要介護2以下でも入所申し込みを受け付けており、保険者の判断により入所できる場合があります。申し込み方法は、本人や家族が施設に出向き、担当の相談員に面談しながら、入所申込書を記入し提出すれば待機者となります。

施設入所は優先順序を検討し入所者を決定するため、必ずしも申し込みを早くすれば、早く入所できると言うものではありません。また、施設に出向くことが困難な方は、ケアマネージャーなどが代行して申請する場合もあります。介護老人保健施設と介護療養型医療施設は、要介護1以上の認定を受けている方が、入所条件になります。

介護老人保健施設は、リハビリを行い、機能を向上させて在宅に戻ることを目的としていますので、入所期間に制限が出てきます。介護療養型医療施設は、慢性期の治療が継続的に必要な方も入所条件となります。介護施設に関しては、市町村窓口でも紹介を受けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *