カンボジア人の送り出しは、両国のプラスになります

カンボジアは、経済発展途上国で、生活に必要な物資が不足している状態です。
そのため毎日の暮らしがままならず、働き口が見つかっても十分な金銭支給がされません。

カンボジアの送り出しに関してとにかく簡単に調べられます。

優秀なカンボジア人は多くいるのですが、その才能は埋もれたまま生かされることはありません。


そこで少しでも、生きていく糧となるよう日本に働きに来るのです。
日本でもまた、なかなか良い働き手がいないと困る会社もあります。利益を生み出してくれる良い労働者を雇うには、日本人でなくとも優秀な人材がいるのです。

海外からとなれば、受け入れ機関と管理会社、送り出し機関の連携が大切です。働きにくる方たちは技能実習生として派遣されるので、日本での様々な経験や知識を多く得ることが必要です。

実習生なので得た知識を生かし、最終的には母国であるカンボジアで働きたいという夢があるようです。


そのためには努力を惜しみませんし精進することでしょう。

なんとなく働いている日本人よりも、よほど会社に貢献してくれるかもしれません。

送り出し機関では、なるべく日本で不自由なことがないよう、日本語教育に力を入れているところが多数あります。



機関によっては専門用語などを学べるところもあり、カンボジアの経済発展が少しでも進むよう、送り出しを積極的に行っています。
カンボジアでは、日本製品に大きな信頼があるようです。



輸入により、日本の製品を数多く知っているからということだそうですが、その信頼を裏切らないためにも、受け入れ側にも支援していく姿勢が大切だと考えられます。